スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


癒しの音楽

どうも疲れてます・・・

疲れていると、変な音楽を聴きたくなります。

変な音楽ってなんぞや?って言われると、こんなの↓
少女は2度死ぬ


うーん・・・微妙だ・・・なんで買ってしまったんだろう・・・

某大手CDショップのHPを見てたらなんとなく気になってしまい、たまたまそのショップへ行ったときに

陳列されてるのを見てレジに行ってしまった・・・

まあ、いいや。このCDはまだ理解不能ということにしておこう・・・



いや今日紹介したいのは上記ではなく、このCDを・・・

大貫妙子
Library -Anthology 1973-2003/大貫妙子

いわずと知れた、シュガーベイブの元メンバーであり、ニューミュージックの仙人のような方です。(失礼ですね・・・ファンの方はごめんなさい)

でもこの方の音楽には独特の世界ってのが存在します。

怒られるのを承知で書けば、現実離れした、浮遊している仮想空間で暮らしているようなイメージが

なぜか浮かんでしまう

この醜い現実世界でささくれ立った心のとげとげをひとつひとつケアしてくれるような音楽。

時に心の奥に深く染み渡るのです。

ファンの方には堪らない名曲揃いらしいのですが、個人的には「黒のクレール」が好きですね。

まだ、子供の頃だかなんかのCMで使われてたような気がしますが、サビの部分の曲展開が

斬新です。

いや、こういう音楽もいいものです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。