スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人間椅子

これぞ、ビジュアルロックではないだろうか!

いや、初期の人間椅子を初めて見たときのインパクトは絶大!?

もうイカ天(知ってる人いるんだろうか・・・?)見たときからまさに痺れた。

ビジュアルもさることながらその音楽性に!

そのイカ天でのみ発売された幻の0thアルバム
ningenisu.jpg
人間椅子/人間椅子
1.人面瘡
2.陰獣
3.りんごの泪
4.猟奇が街にやって来る
5.神経症 I love you
6.人間失格
7.桜の森の満開の下

もう1曲目から鳥肌もんですわ。

ブラックサバスを和風にアレンジしたような重く暗い音楽、そして乱歩、太宰をテーマにした

詩の世界。

TVで「りんごの泪」を演奏してるときに確信したテクニックの高さ。



惜しむらくは・・・ボーカルが弱い・・・


あとCDの音質が悪い・・・


でもギターの和嶋慎治の津軽三味線を取り入れたギターソロなんかは驚愕しましたね

日本にもこんなバンドがあったんだ

いや、日本だからこそのバンドなんだなと感心したもんですよ。

なんか近年はかつてのおどろおどろしさがちょっと薄れてきたような気がしますが

それでも貴重なバンドでしょう(まあ、マニアックですがね)

興味わいた人は
225.jpg
人間椅子/人間椅子傑作選

これなんか聴いてみるのもいいかもしれないですね。代表曲が網羅されてるし

曲によってはリマスターされてるようです。

おいらも買わなきゃだわ。

まあ、合わない人には単にハードロックでしょうが、つぼにはまったら最後・・・

あなたも人間椅子ワールドの住人ですよ・・・

スポンサーサイト

Visual Rockってやつ その2

こんばんは。

仕事帰りになぜかネカフェからの更新です。

なんとなくうちから更新するより、こういうところのほうが書きやすかったりして。

で、タイトルとおりVisual Rock その2です。

今回はあるバンドに的を絞ってみた。

そのバンドとは・・・



「Dir en grey」



実はあんまり知らなかったりする・・・


ちゅうか、本人たち見たことねーし、雑誌とかで写真も見たことねーし。

かっこいいのかどうかさえ知らんけど(よくCDショップにはビジュアルコーナー?なるところに

商品があるからビジュアルロックなんだろうと。

まあ、きっかけはなんか刺激的な音楽を探してるところに、和の雰囲気がある世界的なバンド(?!)

とかなんとか書いてあったから聴いてみた。

鬼葬
鬼葬

う~ん・・・よくわからん・・・(ファンの人には申し訳ない・・・)

なんかアバンギャルドなハードロックもしくはハードコアって感じ・・・

ラストの曲はピアノの旋律が美しいです。

続いて、最高傑作と呼ばれるこれ
Vulgar.jpg
Vulgar

おお、オープニングと2曲目はかっこいい!

だがしかし・・・なんだか後半に進むにつれてなんか大衆ポップス的な感じが・・・(あくまで自己感想)

結構早くから海外に進出し、活躍してるそうだし、熱狂的なファンもいるそうなんでなにか訴える

ものがあるんだろうけど・・・

う~ん・・・って感じ。

確かにほかのVisual系とか呼ばれるバンドに較べると、その音楽性は高いように感じます。

ただ、大衆受けは絶対しないな。




でもね・・・

Gauze.jpg
Gauze

このファーストアルバムにしてこの完成度はやはり並のバンドじゃないです。

そしてこの中のM11 「残-Zan-」

これは人の中にある狂気を曲の中に閉じ込める事ができた、類稀なる問題作 だと思いますね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。