スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


告白

え~、おはようございます。久しぶりの更新でございます。

ま~、単に更新するのサボってただけです。

あと、なんかネタがなくって。

んでもって、本日は最近話題のチャットモンチー。

以前からCMでは頻繁に流れてたけど、ちゃんと聴いたことはなかったし、サビの部分がけっこう印象的だったんで、いつものHMVに行って、軽く試聴した後、購入
告白
告白/Chatmonchy
1 8cmのピンヒール
2 ヒラヒラヒラク秘密ノ扉 (Album Mix)
3 海から出た魚
4 染まるよ
5 Cat Walk
6 余談
7 ハイビスカスは冬に咲く
8 あいまいな感情
9 長い目で見て
10 Love Is Soup
11 風吹けば恋
12 Last Love Letter (Album Ver.)
13 やさしさ

そのCMでよく流れてる「M12:Last love letter」について初めてちゃんと聴いた感想として・・・

「変な曲」。


なんか最初のメロとサビのメロとのつなぎが強引つうか、コード進行にむりがあるっつうか

う~ん、微妙・・・

それでもサビから後半にかけてはカッコ良いです!

アルバム全体の印象としては、ボーカル抜きの音楽だけなら男のロックバンドっぽい、わりと

骨太な音を出してて、そこにVo:橋本のわりと子供っぽい声が乗っかって妙にバランスがとれた

Rockアルバム。

そう一言で言えば「妙」

バランスが取れてるっていったけど、サウンドとボーカルのアンバランスさが割りと癖になる!

橋本の 「突き抜けた声」(意味分るかなあ・・・) がいいです。

カラオケで歌える人は少ないだろうなあ・・・

お勧めはM1,2 それと遊び心満載のM9、あとはやっぱりM12でしょうか。

一度Liveとか見てみたいですね。

My Favorite Vocalist

いきなりですが、清春 のボーカルって好きです。
つうか、いま、現役のバンド等のなかでも屈指のボーカリストだと思っとります。

その声、歌唱力、それに伴う雰囲気、存在感etc...

個人的に(ファンの方はごめんなさい)X JAPANのTOSHIとか、かつてのLOUDNESSの二井原氏とか

日本のメタルバンドのボーカリストの声質が肌に合わない

またビジュアル系はここんとこみんなおんなじ声に聞こえる

その中で清春だけは別格なのです(私の中では)

あと、B'zの稲葉氏もかなりうまい(やっぱり声質はあまり好きになれないんだが)


しばらく前にTVのドキュメントで清春の特集やってて、そのなかで自分は芸能界の中でも

トップクラスで「良い人」 だと自分で言ってました(笑

でも、その独特の美意識、それを貫く意志には共感を覚えましたね

唯一男の色気を感じさせてくれます。

つうかあんなおとーさんが幼稚園に子供を送り迎えしてるとは、想像できん。

kuroyume
Emi 1994-1998 Best Or Worst /黒夢
kiyoharu
黒夢 SELF COVER ALBUM 「MEDLEY」 /清春

黒夢は既に解散しておりますが、上段がそのベスト盤
下段に清春がセルフカバーしたアルバムとなっております。
黒夢っつうと、かなりパンクっぽいイメージなんですが、上段のベスト盤にはパンクでハードな曲も網羅されとります。

その一方で、メロディアスな曲もあり、それこそが清春節 が堪能できます。

シングルヒットした「少年」、「MARIA」に加えて、「Ice My Life 」、「優しい悲劇 」、「Miss Moonlight」

あたりも大好きな曲ですね。

まあ、昔カラオケで「MARIA」を歌って ドン引き された経験がありますが・・・



癒しの音楽

どうも疲れてます・・・

疲れていると、変な音楽を聴きたくなります。

変な音楽ってなんぞや?って言われると、こんなの↓
少女は2度死ぬ


うーん・・・微妙だ・・・なんで買ってしまったんだろう・・・

某大手CDショップのHPを見てたらなんとなく気になってしまい、たまたまそのショップへ行ったときに

陳列されてるのを見てレジに行ってしまった・・・

まあ、いいや。このCDはまだ理解不能ということにしておこう・・・



いや今日紹介したいのは上記ではなく、このCDを・・・

大貫妙子
Library -Anthology 1973-2003/大貫妙子

いわずと知れた、シュガーベイブの元メンバーであり、ニューミュージックの仙人のような方です。(失礼ですね・・・ファンの方はごめんなさい)

でもこの方の音楽には独特の世界ってのが存在します。

怒られるのを承知で書けば、現実離れした、浮遊している仮想空間で暮らしているようなイメージが

なぜか浮かんでしまう

この醜い現実世界でささくれ立った心のとげとげをひとつひとつケアしてくれるような音楽。

時に心の奥に深く染み渡るのです。

ファンの方には堪らない名曲揃いらしいのですが、個人的には「黒のクレール」が好きですね。

まだ、子供の頃だかなんかのCMで使われてたような気がしますが、サビの部分の曲展開が

斬新です。

いや、こういう音楽もいいものです。

My Song Your Song

おはようございます。

今週は寒かった・・・雪も降るし。朝、起きれないっすよ、お布団大好きな私としては。

先週の休日、町田へ出掛け、ラーメン食った後、ふらふらとHMVへ

いちおうお目当てはユニコーンの新譜「シャンブル」

あとねえ、清春のセルフカバーアルバムが欲しかったんだけど、Tシャツ付きの限定版で

値段の高いのしかなかったから、今日は断念。

そういえば、斉藤麻里ってひとのインストアライブをやってたみたいです。

行った時は既に終わってて、ファンらしき人と談笑&写真とってたりしてました。

斉藤麻里

前知識何も無かったので、特に握手してもらったりとかしなかったんですけど、頑張ってもらいたいですね(目が合っただけなんですが)

んで、話を戻すと前から気になってた いきものがかり のCDをいまさらながら購入。

My Song Your Song
My Song Your Song/いきものがかり

シングルカットされた曲とかもあり、適度にポップでメロディもなかなかいいです。でも全体を通して

聴くとやっぱりちょっと単調か・・・

中にはイントロが山下達郎か?って感じの曲とか、ブリグリ(ブリリアント・グリーン)っぽい曲もあったりします。

でも、やっぱりこのグループの特色としてはボーカルの吉岡聖恵さん。

声が澄み切ったハイトーンボイスとか、歌い回しがうまいとか、そういうことは決してなく、

それにしても印象に残るのは、彼女の歌い方が素直なんでしょうね。

この時代、女性ボーカル 腐るほどいますけど、そのなかでも珍しいくらいに、無理しない歌い方。

自分の限界を知っているのか、それとも天性なのか、自分に合った歌い方をしてて、すごく好感

が持てます。

バイオグラフィーをみて、出身地が近かったりして、なんか親近感がわいて余計に応援したくなりました。

あ、ユニコーンはまた次回にでも。


うぎゃあー

なんてこったああ

せっかくあと1行くらいで今回の記事をUPしようと思ったのにー

へんなとこでEnter Key を押しちまって、記事が全部消えちまったー

すんません、もう今日はこれ以上は無理ぼ

ちくしょー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。